ベイビーサポート

ベイビーサポートで子どもが障害になる可能性はある?失敗や副作用のリスクについてという事で、今回はベイビーサポートという産み分けゼリーについて詳しく書いていこうと思います。

産み分けゼリーをすでに使用した事がある方は慣れていると思いますが、初めて産み分けゼリーを使用する方にとって子どもに障害が出来るリスクや妊娠しづらくなる可能性がないか・・・といったことは心配になりますよね。

この記事ではベイビーサポートで使用されている成分を基に危険性がないか調査していきますので、既に産み分けゼリーを使用されている方もそうでない方もぜひ参考にしてみてください。

ベイビーサポートとは

通常の潤滑ゼリーはセックスの際に潤いが足りない時に使用するものですが、産み分けゼリーは膣の中の状態を酸性またはアルカリ性に傾ける事によって男の子と女の子の産み分けの確率を上げる商品の事を言います。

ベイビーサポートとは株式会社 Coussinetが販売している産み分けゼリーで、国産の天然成分100%で作られている高い安全性と、50万本の販売実績を誇る高い産み分けの成功率で近年話題になっている商品です。

商品の効果の高さや安全性はもちろん、ベイビーサポートは使用途中で妊娠して余ったしまった場合1本を1,000円で買い取る保証などのサポートが充実している事が特徴となっています。

ベイビーサポートはあやしい?子どもに障害が起きる可能性はある?

首をかしげる女性

上記のように多くの人から支持されてるベイビーサポートですが、使用して子どもを授かった際にベイビーサポートが原因で子どもに障害が起きてしまう可能性があるのでしょうか?

結論から言ってしまうとベイビーサポートを使用したことで、子どもに障害が現れてしまう心配は無いと言われています。

それには下記の理由があります。

  • 天然成分が100%(肌を保湿する成分も入っています)
  • 50万本の豊富な実績の中で、当商品により子どもに障害が出たとの報告は現段階で1件もなし。
  • ISO認定の国内工場で手術室の基準と同じクラス10000以下の環境で生産。

下記で詳しく説明していきますが、ベイビーサポートは全てが天然成分で出来ており、成分だけでなく製造の環境にも非常に注意を払って製造されています。

ベイビーサポートが作られている工場の環境は手術室と同レベルのクラス10,000以下という清潔な環境となっています。クラス10000というのは空気中のチリやホコリの含有量を数値化したものであり、外から入った空気を3層のフィルターを通す事でこの環境を実現しているとのことです。

ベイビーサポートの成分一覧

上記で説明したように、ベイビーサポートを安心して利用できる理由の1つとして、公式サイトで下記のように全成分を公開している事があります。

ベイビーサポート成分
ベイビーサポート成分その2

下記でそれぞれの成分について簡単に解説させていただきます。

・水
純度の高い精製水が主な成分として使用されています。

・プロパンジオール
オーガニック認定の代表機関ともいえるECOCERTから認定を受けた100%植物由来の成分です。防腐効果があるので防腐剤の量を大きく減らすことが可能です。

・乳酸
保湿力が高く肌に優しいので化粧品業界で近年注目されている成分です。雑菌の繁殖を抑える役割もあります。

・ヒアルロン酸ナトリウム
発行由来の高純度のヒアルロン酸で、1gでなんと6リットルもの水を抱え込むと言われており、保湿力に優れた成分となっています。

・レモン果汁 ※Girlのみ
国産レモンの果汁を使用した保湿成分で、膣内のpH値を酸性に保つ事に寄与します。

・褐藻エキス ※Boyのみ
北海道産ガゴメ昆布の成分をを熱にかけずにじっくりと抽出したもので、膣内のpH値をアルカリ性に保つ事に寄与する粘り気のある成分です。

・チャ葉エキス
チャ葉エキスは白銀の産毛に覆われた新芽を摘み取ることから白茶(ホワイトティ)と名付けられた高級茶のエキスの事を言います。皮膚のトラブルを防ぎ保湿力を高める他、美白効果や新陳代謝を促進する効果も。

・カルボマー
商品の粘り気を強める役割があり、安全性の高い水溶性高分子です。皮膚に対する刺激がほとんど無く、肌にサラッとした感触を得る効果があり、軟膏の成分でよく使用されています。

・ポリアクリル酸Na
高吸水性高分子の1つで、自重の数百倍から約千倍までの水を吸収、保持できると言われています。食品添加物にも指定されており、非常に安全性の高い化合物です。

・塩化Na
食塩が不足した時の補給、等張液として皮膚、創傷面、粘膜の洗浄や湿布、うがいや噴霧吸入剤として気管支粘膜の洗浄や喀痰の排出促進に使用されます。

・BG(ブチレングリコール)
BGはひとことで言うと保湿剤で石油由来と植物由来のものがあります。水の分子を磁石のように引き寄せておく性質があるので、うるおいを保つために使われることが多いです。

・水酸化K
石鹸や乳液、クリームなどの、乳化剤やゲル化剤としても使われており、pH値の調整に使われています。タンパク質を溶かして角質を落とし、正常なターンオーバーを助ける作用があり、化粧品においては含有濃度は1%以下で、またpH調整剤として中和反応により弱アルカリ性に調整されています。

・クエン酸Na&クエン酸
クエン酸は柑橘類などに含まれている有機化合物で、疲労回復や掃除など幅広い用途に使用されます。クエン酸Naはクエン酸のナトリウム塩で、調味料等にも使用されています。

・フェノキシエタノール
フェノキシエタノールは微生物の増殖を防ぎ、化粧品の品質を守る成分です。フェノキシエタノールの歴史が古く、1950年にヨーロッパで医薬品の防腐剤として使用されたのがはじまりと言われています。

・安息香酸Na
医薬品製剤原料(保存剤)や食品保存料、化粧品の原料等として世界で最も広く使用されており、米国ではGenerally Recognized As Safe物質として、認められている物質です。

ベイビーサポートの購入は公式サイトが一番お得

女性医師

上記で説明したように安全性が高く、産み分けの効果も高いベイビーサポートですが、どこで買うのが一番お得なんでしょうか?

結論から先に言ってしまうと、公式サイトで購入するのが一番お得です。

メルカリやAmazonでもベイビーサポートは売られている事もありますが、公式のサポートが受けられなかったり、偽物や類似品をつかまされるケースや消費期限が切れた商品が出品されているケースもあります。

産み分けゼリーは体内に入れるものですので、少しのお金をケチるより、安全な公式サイトでの購入をおすすめします。

ベイビーサポート以外の産み分けゼリーはどんなものがある?

ベイビーサポート以外にも産み分けゼリーはいくつか存在しており、有名なものが下記のものがあります。

  • ベイビーサポート
  • ハローベビー
  • ピンクゼリー
  • グリーンゼリー

下記の記事でそれぞれ詳しく解説していますので、産み分けゼリーの購入を検討されていいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

産み分けゼリー【2019年最新】人気ランキングを徹底調査!

まとめ

今回はベイビーサポート使用時に子どもに障害が出来る可能性や失敗や副作用のリスクについて書いていきましたが如何でしたでしょうか?

ベイビーサポートを既に使用したことがある方も、これから使用を検討されている方にとっても参考になる内容だと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。