杉山産婦人科とは

『杉山産婦人科』はこれまで産み分けを考えたことがある方が一度は耳にしたことがある名前だと思います。

そこで、今回は、杉山産婦人科とは一体どのような産婦人科なの?産み分けの実績は?杉山産婦人科の産み分けゼリーは信頼できるの?といった皆さんの疑問におこたえしていきたいと思います。

なお、筆者自身も産み分けゼリーやサプリを利用して、一姫・ニ太郎の産み分けに成功しました。さらに杉山産婦人科で出産もしましたのでその体験記を含め、ご参考にしてください(^^)

杉山産婦人科とは

70年以上の歴史を持ち、現在は不妊治療から妊娠、出産までを総合的にサポートするクリニックとなっています。

院長は杉山 力一(すぎやま りきかず)先生です。東京医大をご卒業後は世田谷医院以外に、不妊治療を専門とする丸の内医院・新宿医院を開院されました。

あの菅元総理大臣が、在任中、不妊治療の保険適用を検討するにあたり、まず声をかけたのが杉山先生、というほどのお方です。

世田谷

こちらは杉山産婦人科の本院と言われているところで、産科、婦人科となっています。ここは都内のラグジュアリー産婦人科として有名です。タレントさん御用達としても知られ、最近では近藤千尋さんや橋本マナミさんなどが杉山産婦人科での出産を公言されています。

東京都世田谷区大原1-53-1

丸の内

2011年に開院。
不妊治療センター・内視鏡手術・体外受精に特化した新しい形のクリニックです。東京駅直結なので、遠方からの受診にも便利になっています。

東京都千代田区丸の内1-6-2
新丸の内センタービル5F

新宿

2018年に開院。こちらも高度生殖医療(体外受精)、いわゆる不妊治療を専門的に行うクリニックです。新宿駅直結で通いやすい立地となっています。新宿医院は夜間受付が月水金19:00まで、と多いので、お仕事をしながらの治療にも最適です

東京都新宿区西新宿1-19-6
山手新宿ビル

3医院とも人気ですが、「産み分け指導」はされていません。あくまで、世田谷は産婦人科、丸の内と新宿は不妊治療が中心です。

では、なぜ『杉山産婦人科といえば産み分け』なのか?と言うと‥

理事長の杉山先生が、産み分け研究の第一人者であり、産み分け関連の商品を販売する「生み分けネット」を運営されているからだと思います。

生み分けネットとは

生み分け指導の病院で実際に使用されている産み分けゼリーやサプリをオンラインで簡単に購入できるサイトです。初回の登録費用として5,000円がかかりますが、病院の診察無しに商品を買い求めることが可能です。産み分けへの注目度が高い中国からも利用者が多いようです。

生み分けネット

生み分けゼリーやサプリは「SS研究会」という団体の監修のもと開発されています。
SS研究会とは、「Sex Selection研究会」という全国グループで、生み分けに共感し賛同する全国の産婦人科医師の任意の集まりです。

なお、生み分けという特殊性から、全国共通の方法で生み分けを行っているのではなく、それぞれのお医者さんが独自の経験や知識から生み分け指導をされているようです。

病院での産み分け指導をご希望の方は、SS研究会に所属する、お近くのお医者さんに相談されるとよいと思います。全国の産み分けに対応している病院は生み分けネットから調べられますよ。

杉山産婦人科で産み分けを相談できる?

産み分けといえば杉山産婦人科が有名ですが、実際に産み分けの診療はされていません
産み分けをされたいかたは、杉山先生が運営に携わっている「生み分けネット」でゼリーやサプリを購入して使用するか、産み分け指導をされている病院に受診されるとよいでしょう。

関連記事

私はSS研究会のサプリを購入し、自分で産み分けにチャレンジして成功しました。その体験記はこちらです。