ベイビーサポート口コミ

産み分けゼリーは高価な買い物ですので、慎重に購入を決めたいですよね。また、購入したものの使う前に不安になったり、パートナーの説得に苦労されている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、
「結局、ベイビーサポートを使った人たちは本当に産み分けに成功したの?その確率は?」
という疑問にお答えすべく、最新の口コミ・評判・実績をまとめました。

なお、筆者自身はベイビーサポートを使用することで、女の子&男の子の産み分けに成功しました。この経験も踏まえ、「ベイビーサポートは買うに値するものか?本当に産み分けできるのか?」を検証していきます。

【公式】ベイビーサポートでの産み分け成功率は○%

まず、公式の数値実績からご紹介します。

ベイビーサポートの販売会社に問い合わせたところ、ベイビーサポートの産み分け成功の確率は、ボーイが82%、ガールが77%という回答でした

プレグナンシーラボ回答

産み分け指導の産婦人科で公開されている一般的な数値と比べても、かなり高い確率です。
産み分けに100%はありません。とにかく、少しでも希望の性別の確率を高める行動を積み重ねるのが大切です!

それでは、実際の口コミを見てみましょう。

産み分け成功のお礼口コミがほとんど

公式サイトに掲載されているコメントは、産み分けに成功した人によるお礼の口コミが掲載されています。

中でも、ベイビーサポートの評価ポイントは、使いやすいさ&日本製への安心感だそうです。
↓公式サイトより引用
ベビサポ評価

特に使いやすさ(粘度と内容量)はイチオシ

私の使用経験からも、「使いやすさ」について特にオススメしたい具体的な点をご紹介します。

しっかりめの粘度

ベイビーサポートの粘度は、同じく有名なジュンビーの産み分けゼリーに比べて少しかためと言われています。

実際、容器から出したばかりのゼリーはしっかりめの触感なのですが、手にのせて少し温めるとご覧のとおり、とても肌なじみの良い質感になります。
babysupport質感

個人の好みの問題もありますが、私としては正直緩めの粘度だと液漏れが心配になり、子作りに集中できないと思いたした。。
その点で、ベイビーサポートは雰囲気を損ねることなく、自然な粘度であり、丁度良かったですよ(^_^;)

たっぷりの内容量

ベイビーサポートの1本あたりの内容量は4.5ml、対してジュンビーは1.7mlです。
ベイビーサポートの全量を片手にのせてみると写真のとおりで、決して多すぎでもなく、安心できる量でした。
babysupport10

そもそも多いなと感じたら注入量を控えれば良いだけの話ですから、、1本で十分な量が入っているベイビーサポートはとても安心できる商品でした。

amazon、インスタの成功口コミ

ネット通販やSNSの口コミは正直な世の中の意見と言えますが、約8割が成功した!の口コミでした。嬉しそうなコメントが挙がっています。

さて、良い口コミばかりでは偏ってしまいますので、
今度は悪い口コミをご紹介していきます。

ただし、ここでひとまず安心してほしいのですが、
良い口コミが大多数に対して、悪い口コミは数件程度しかありませんでした(^o^)

失敗事例・悪い口コミ

どの産み分けゼリーを使ったとしても、産み分けは100%ではありませんので、中には『希望どおりに産み分けできなかった』という失敗事例があることも事実です。
この記事では、悪い口コミや失敗事例をご紹介したうえで、そこから学ぶことができる正しい使い方や成功のコツをご説明します。

先人から学ぶことで、是非、後悔しない産み分け活動を実践ください。

amazonでの口コミ

悪い口コミ

製造年月日が昨年のものが届いた。使用期限は2年間なので使えるものの、やはり不安。正規サイトで買えば良かった。

見直しポイント
残念ながら、正規サイト以外で購入できるものは転売品がほとんどです。在庫の関係上、製造年月日が古いものが届くのは仕方ないですし、もしかしたら正規品でもないかもしれません。
デリケートな商品ですので、不安を少しでも取り除くためにも公式サイトで購入することをオススメします。

↓ベイビーサポート(公式)はこちら。ベイビーサポート

 

悪い口コミ

女の子用を購入。使う前に念のためpH値を調べてみると、pH値が 6.36(ほぼ中性)でした。(※女の子を授かる為には、膣内のpH値を4.0前後の弱酸性にする必要があります。)

見直しポイント
この方はどうやら1,000円程度で市販されている家庭用のpH測定器を使用され、判断されたようですが、家庭用のpH測定器はその精度自体が怪しいものです。。
ベイビーサポートは研究・開発を全て国内で行い、医療機器レベルの徹底した品質管理を行っている』と公式HPにも記載されていることから、こういった心配をせずに、用法通りに使用することをおススメします。

twitterでの口コミ


見直しポイント
ベイビーサポートのせいで妊娠確率が下がることはありません。なぜなら、産み分けゼリーは膣内のpH値を通常でも起こりえる範囲の中で、酸性またはアルカリ性に傾ける作用しか無いからです。

それでも妊娠率が下がると感じるとすれば、産み分けにはタイミング法を取り入れる必要があるからだと思われます。

タイミング法ではタイミング以外の性交時には避妊をする必要があります。妊娠を目的とした性交が限られることで、当然に受精チャンスも少なくなりますよね。。

実際に、産婦人科においても、不妊治療中や高齢での妊活中の方への産み分けは推奨していません。


見直しポイント
ベイビーサポートは敏感肌の人でも安心して利用できるよう、原材料はすべて天然成分でできており、たとえ口に入っても大丈夫なものです。

また、衛生面にも配慮されており、全て日本国内の厳しい製造基準を満たした工場にて製品1本ずつを密閉個包装して出荷されています
公式ページでは、現段階でお客様からアレルギーなどの報告はございません。と記載がありますので、安心して使えものと考えて良いと思います。

この方は使用方法や保管方法が異なっていたのかもしれません。
例えば、公式ページには「内袋を開封した状態での保管は劣化の原因となりますので、内袋は必ず性行為の直前に開封してご利用下さいませ。」といった注意書きがありますので、これらの用法を守りながら使用されることをおススメします。


見直しポイント
確かに、産み分けゼリーは安い買い物では無いですよね!
ただ、ベイビーサポートには「おめでた返金キャンペーン」といって、商品を購入した人が妊娠した場合に、未使用のベイビーサポートを1本単位に買い取ってくれる制度がありますので、ご活用ください。

悪い口コミで一番多かったのは?

ずばり、悪い口コミの中で一番多かったのは、
産み分けが100%成功するものではなかった!という意見のようです。

何度も言いますが、100%の産み分けは存在しませんので、仕方ありません。ただ、産み分けの成功確率は70~80%と言われており、産み分けゼリーの使い方など正しく実践すれば産み分けの確率は格段に高まるものと言えます。

私も実際に男の産み分けに成功しましたし、同様に成功された方の口コミは、失敗口コミよりはるかに数多くありました。半信半疑の方も一度お試しされてはいかがでしょうか。

関連記事

ベイビーサポートを用いた筆者の産み分け体験記録もご参考にしてください^^

まとめ

今回は、ベイビーサポートでの失敗事例や悪い口コミについてまとめてみました。
皆さんの失敗から学ぶことで、是非、産み分け確度を高めていただければと思います。
産み分けは100%ではありませんが、そこで諦めて実践しない場合、後からやっておけばよかった!と後悔することになるのではないでしょうか。
まずはベイビーサポート、試してみることをおススメします。