産み分けゼリーメイン画像

この記事をご覧の方は産み分けゼリーについてある程度知識があり、口コミ評判などで人気のある産み分けゼリーを探されている方がほとんどかと思います。

産まれてくる子どもの性別に全くこだわらないという方も中にはいらっしゃいますが、最初は男の子だったから次は女の子がいいな…など、産まれてくる子どもの性別を気にされる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな時に産み分けゼリーは非常に効果的な商品ですが、最近では産み分けゼリーを販売している会社も多く出てきておりどれを選んだらよいかわかりませんよね。ぜひこの記事を参考にして自分にとって良い産み分けゼリーを見つけることができることを祈っています。

ポイント

産み分けゼリーを独自の調査と口コミを元にランキングしてみました。

産み分けゼリー人気ランキング

それでは、ここからはいよいよ産み分けゼリーの人気ランキングをご紹介していきます。

※ランキングについては金額とユーザーからの評価、サイトの内容を基に客観的に判断しております。

【1】ベイビーサポート

ベイビーサポート

ここがイチオシ!
  • 50万本の販売実績
  • ゼリーだけでなく、容器など全て日本製
  • 4.5mlの大容量

説明

ベイビーサポートは2021年現在で50万本の販売実績を誇る商品です。

体内のpH値は高すぎても低すぎても良くないと言われていますが、ベイビーサポートは最適なpH値を品質試験をしっかりとクリアした上で設定しており、安心して使用できる製品となっています。

また、ベイビーサポートは容量の多さも魅力で、実際に妊活中の方々にテストしてもらった結果、一番最適な容量という結果になった4.5mlとなっています。

【2】ジュンビーのグリーンゼリー(男の子希望用)・ピンクゼリー(女の子希望用)




ピンクゼリー

ここがイチオシ!
  • 産婦人科医との共同開発
  • 1本あたりの価格が安い
  • 厚生労働省認可の管理医療機器認証商品

説明

ジュンビーの産み分けゼリーは産婦人科医と共同開発された商品で、公式サイトに全て成分の説明があり、安心して使用できる商品となっています。

ジュンビーの産み分けゼリーは使用する方のことをすごく考えられており、まずジュンビーの産み分けゼリー使用中におめでたとなってしまい商品が余った場合には1箱1万円で買い取ってくれるとのことです。

また、消費期限が切れてしまった場合は無料で新品と交換してくれるとのことです。妊活中に必須なサプリメントである葉酸サプリメントが付いてくるのも嬉しいポイントですね。

【3】ハローベビー ※販売停止中

ハローベビー

ここがイチオシ!
  • 成功率78%と高確率の産み分けを実現
  • 累計53万本の実績
  • 天然由来成分で安心

説明

ハローベビー潤滑ゼリーは53万本と圧倒的な販売実績を誇る産み分けゼリーで、成功率78%と高い成功率の実績を持っている事も魅力な商品となっています。

ハローベビーに入っているフレクトースという成分は精子の唯一の栄養分となる成分で、他の産み分けゼリーには入っていない場合が多いので、そこもおすすめ出来るポイントです。

男女の性別が決まる仕組み

ここまで人気がある産み分けゼリーについて紹介していきましたが、産み分けゼリーで男女の産み分け確率を上げる仕組みについても少し勉強しておきましょう。

実は男性の精子には染色体の種類によってX精子とY精子と種類があり、どちらの種類の精子が卵子に受精するかで男女の性別が決まると言われています。(なお、女性はX染色体しか持ち合わせていない確率が98%以上と言われています)

そして、X精子とY精子には下記のような特徴があります。

Y精子
  • アルカリ性に強く酸性に弱い
  • 寿命は1日程度
X精子
  • 酸性に強くアルカリ性に弱い
  • 寿命は2~3日程度

上記のようにX精子とY精子ではそれぞれ酸性とアルカリ性に対する耐性が異なってきますので、そのような特性を利用して産み分けゼリーでは膣内の環境を欲しい性別に対応する精子が適用しやすい環境に膣内のpH値をコントロールしてあげるというわけですね。

なお、上記に関しては医療行為ではなく、あくまでも希望する性別の精子が適用しやすい環境を整えてあげているだけなので、後ろめたさなどは感じる必要はありません。

産み分けの確率をさらに上げるために

実は産み分けゼリーでの産み分けの成功確率をさらに上げる事が出来る方法があるので、ここではそちらも紹介していきます。

ポイント

・排卵日タイミング法を利用する
・旦那さんと協力する

排卵日タイミング法とは排卵日を正確に把握し、それによって産み分けの確率を上げる方法のことを指します。具体的には、排卵日当日は膣の中がアルカリ性に傾くので男の子の産み分けに有利で、排卵日2日前~前日は膣の中が酸性に傾くので女の子の産み分けに有利と言われています。

また、旦那さんとの協力については排卵日の確認や産み分けゼリーの利用に関してはもちろんですが、性の交渉の仕方も産み分けの確率を上げる一要素になるので、夫婦で話し合いつつぜひ協力して産み分けを実施していきましょう。

では、次に上記について、男の子を授かりたい場合と女の子を授かりたい場合でそれぞれ詳細に見ていきましょう。

男の子を授かりたい場合

男の子

  • 排卵日当日にタイミングをとる
  • 行為前に5日程度禁欲
  • 濃厚な交渉でフィニッシュは深く

まず、男の子を授かりたい場合は排卵日の当日を狙うと良いと言われています。

しかし、排卵後は子宮口が閉じてしまうとも言われているので、妊娠しづらくなるという事があります。排卵する直前に交渉を行う事が出来れば良いのですが、そこまで把握するのは難しいですよね。

ですので、ベストなタイミングとしては、排卵日の前日と当日を狙ってタイミングをとるようにしましょう。旦那様には5日程度禁欲してもらい、濃厚な交渉で深めのフィニッシュにすると男の子を授かりやすくなるので、旦那様にも強力してもらうようにしましょう。

なお、5日以上の禁欲は逆効果になるので注意です。

女の子を授かりたい場合

女の子

  • 排卵日3日前~2日前にタイミングをとる
  • 実施日以外は禁欲もしくは避妊する
  • 行為はあっさりで、フィニッシュは浅く

女の子を授かりたい場合は排卵日をしっかりと把握しておくことが非常に重要です。女の子を授かりたい場合は排卵日の3日前~2日前にタイミングをとるようにしましょう。

また、旦那様に強力してもらい、行為はあっさり+フィニッシュも浅めに行ってもらうようにしましょう。旦那様にとっては少し物足りないかもしれませんが、そこは女の子を授かるためと割り切って協力してもらうようにしましょう。

産み分けゼリーをあまりおすすめできないケース

悩む女性

ここまで産み分けゼリーのおすすめ商品や、産み分けゼリーの効果をさらに上げるための産み分けの方法について書いていきましたが、実は産み分けゼリーの使用をあまりおすすめできないケースもあります。

それは不妊治療中の方と、高齢出産の場合です。

産み分けゼリーはあくまでも産み分けの確率を上げるためのものであって、妊娠の確率を上げるためのものではありません。ですので、上記のケースの場合は使用の前に一度よく検討された方が良いかもしれません。

まとめ

今回は産み分けゼリーの中でも特に人気のある商品についてランキング化していきましたが如何でしたでしょうか?

産み分けゼリーの効果は100%ではないですが、高い効果を発揮するため今では非常に多くの方に使用されています。

膣に入れて使うものですから、しっかり吟味して品質が良いものを使用したいですよね。この記事を参考にしてぜひ自分に合った産み分けゼリーに出会えることを願っています。